治療について

「はり・きゅ北千住治療院 ウェルバランス」は東洋医学の鍼灸を中心に東洋・西洋医学の両面からのアプローチで、肩こり、首こり、腰痛はもちろんのこと、幅広い症状、病状に対応いたします。はり・きゅう療法は生命力・自然治癒力の強化を目的としていますので、ほぼすべての病気に対して有効といえます。
鍼灸治療を中心に治療を組み立て、筋肉への弛緩には一部にマッサージや整体法も併用致します。
その方にあったベストの治療をオーダーメイドで提供しています。小児からご高齢の方まで安心してお越しいただけます。

はり・きゅう治療

鍼灸治療には様々な治療スタイルがあります。鍼灸師の数だけ治療スタイルがあるといっても過言ではありません。当治療院では大きく分けて2つに分けられます。
一つは「ぎっくり腰・五十肩・首の寝違え、頸椎症」といったような運動器系疾患(整形外科的疾患)に対しては、西洋医学的な現代鍼灸で傷んだ筋・筋膜や靭帯・関節周囲の軟部組織に治療を行います。
もう一つは「自律神経の問題・体質改善・慢性的な疾患」には古典的な鍼灸治療で経絡経穴を使い「気・血・津液」を整える治療を行います。特に中医学的な考えを元に五臓「肝・心・脾・肺・腎」六腑「胆・小腸・胃・大腸・膀胱」の調和をはかります。鍼の太さは髪の毛程度の細いものからある程度太さのあるものまで、その方の症状、状態に合わせて使い分けます。


WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めた一覧をご覧ください。

【神経系疾患】  神経痛(三叉神経痛、肋間神経痛、坐骨神経痛)、神経麻痺、痙攣、脳卒中後遺症、自律神経失調症、頭痛、めまい、不眠、神経症、ノイローゼ・ヒステリー
【運動器系疾患】 リウマチ・頸肩腕症候群・頸椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷後の後遺症(骨折・打撲・むちうち・捻挫) 
【循環器系疾患】 心臓神経症・動脈硬化・高血圧・低血圧・動悸・息切れ 
【呼吸器系疾患】  気管支炎・喘息・風邪および予防 
【消化器系疾患】 胃腸病(胃炎・消化不良・胃下垂・胃酸過多・下痢・便秘)・胆のう炎・肝機能障害・肝炎・十二指腸潰瘍・痔疾 
【代謝内分泌系疾患】 バセドウ病・糖尿病・痛風・脚気・貧血 
【生殖・泌尿器系疾患】  膀胱炎・尿道炎・性機能障害・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・不妊
【耳鼻咽喉科系疾患】 中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・扁桃炎 
【 眼科系疾患】 小児神経症(夜泣き・かんむし・夜驚・消化不良・偏食・食欲不振・不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善 
はり・きゅう治療はちょっと苦手という方や出血傾向の疾病を患っている方などは按摩マッサージ指圧での治療が効果的です。もちろん、はり・きゅう治療との併用も可能です。鍼灸と同様に血液循環の改善、内臓の機能調整、自律神経の機能向上、筋緊張の弛緩、疲労回復などに効果があります。

整体・カイロプラクティック

はり・きゅう治療はちょっと苦手という方や出血傾向の疾病を患っている方などには整体・カイロプラクティックの施術をメインで行ってゆきます。特に骨盤の歪みや背骨のズレが原因で生じている痛みやシビレなどには整体・カイロプラクティックで身体のバランスを整えることが効果的です。また、経絡・経穴に沿ってのほぐしの整体は自律神経のバランスを整える効果があります。骨格矯正(アジャスト)はいろいろな種類があります。非常にソフト矯正を何回かに分けて行ったり、自分の体重を利用して行うものであったり、と様々です。その方にあった最良の技術で行いますので安心して受けられます。バキボキといった矯正や激しい矯正は行いません。

運動療法

弱くなった筋肉を正常に戻す事、正しいく関節を動かす訓練は非常に重要です。自分の体をきちんとコントロールできる訓練を行うことで、症状の再発防止や自律神経の適正化も図れます。特に膝関節や肩関節の拘縮による痛みには運動療法が重要だと考えています。

営業カレンダー

■色はお休みです。

携帯サイト

ウェル・バランス携帯サイトQRコード
※PCサイトURLと同じURLです!