豆知識

 東洋医学とは  五臓六腑とは
 お灸について 鍼について 
 鍼の効果について 経脈・経穴について 
 脈診について リンク集 

東洋医学とは

東洋医学の歴史は2000年〜4000年ともいわれ東洋に伝えられる伝統医療です。これほどの歴史を持つ医療術は他に類を見ず、人類にとって必要不可欠かつ有効性がある証ともいえます。日本へは飛鳥朝時代に中国から朝鮮半島を経て伝えられました。近年ではWHO(世界保健機関)でも鍼灸治療の有効性を示す適応疾患が発表され、また、日本のいくつかの大学病院でも鍼灸治療を取り入れるなど普及が進んでいます。その起源は中国最古の医学書と呼ばれている「黄帝内経」にはじまり現在に至ります。その内容は人間の生命の営みを体全体で捉え、自然の摂理にしたがって健康維持し病気を治すという要点が記されている。現代の中医学の根源となっていると言われています。まさしく人類が経験的に編み出した現代人に不足している健康法が記されています。

お灸

お灸療法の定義を申し上げますと、一定の方式に従い、艾を燃焼させ、またはこれに代わる物質を用いて、身体の表面の一定部位に温熱刺激を与え、それによって起こる効果的な生体反応を利用し、生活機能の変調を矯正し、保健および疾病の予防または治療に広く応用する施術である。お灸の種類には大きく分けて2つあります。有痕灸と無痕灸です。その字のごとく有痕灸は皮膚に跡が残るもの、無痕灸は皮膚に灸の後は残らず、気持ちの良い刺激を与えるものです。
また、細かく分けると有痕灸の中には透熱灸・焦灼灸・打膿灸とあり、無痕灸には知熱灸・温灸とあります。最近ではドラックストア―などでも温灸等は簡単に購入することができるようです。

鍼療法の定義を申し上げますと、一定の方式に従い 、鍼をもって身体の表面の一定部位に、接触または穿刺刺入し、生体に一定の機械的刺激を与え、それによって起こる効果的な生体反応を利用し、生活機能の変調を矯正し、保健および疾病の予防または治療に広く応用する施術である。

鍼の治療効果について

実際にからだに鍼を刺すことによってどのような反応が起きるのかいくつか代表的なものを挙げたいと思います。
軸索反射
 鍼を体に刺入した刺激は神経を伝わって脳に伝えられますが、その一部が枝分かれした周囲の神経にも伝わりある物質が放出され周囲の血管が拡張されて血流が良くなることが分かっています。凝り固まった血行不良の筋肉へ鍼を刺入するとこの生理作用が働き、コリがほぐれるわけです。特にマッサージなど手では届きにくい深い筋肉をほぐすには鍼が効果的です。
自律神経の調整作用
 上記同様に鍼の刺激は中枢神経(脳・脊髄)に伝えられ、そこで自律神経の中枢ともいわれる視床下部にも伝えられます。これにより自律神経の調整が図られ、さらに内分泌系・免疫系などにも影響を及ぼすとされています。まだまだ解明されていない部分も多く残されていますが、東洋医学でいう「未病治」はこれらの生体の恒常性維持機能を賦活を導き出す方法です。

使用している鍼について

当院で使用している鍼はすべてディスポーザブル(使い捨て)でございますので、衛生面でも安心してお受けいただけます。

経脈(けいみゃく)経穴(けいけつ)(つぼ)とは

東洋医学では気・血が全身中を流れていると考えており、この通路となっているのが経脈であると認識しています。この経脈上に治療効果に直結した特異的な部分が認識されるようになり経穴という概念が誕生したといわれています。 WHO世界保健機構が認定している経穴(つば)は全身に361穴としており、これ以外にも奇穴という前記以外にも有効な治療点としてのツボを合わせると650穴以上とも言われています。下記に経脈と経穴数を記載しましたのでご参考ください。
督脈(28穴)
任脈(24穴)
手の太陰肺経(11穴)
手の陽明大腸経(20穴)
足の陽明胃経(45穴)
足の太陰脾経(21穴)
手の少陰心経(9穴)
手の太陽小腸経(19穴)
足の太陽膀胱経(67穴)
足の少陰腎経(27穴)
手の厥陰心包経(9穴)
手の少陽三焦経(23穴)
足の少陽胆経(44穴)
足の厥陰肝経(14穴)

五臓六腑とは

「五臓六腑に染みわたる」なんて言葉を耳にします。この「五臓六腑」とは伝統中国医学独特の人体の内臓を現したのもので五臓=肝・心・脾・肺・腎、六腑=胆・小腸・胃・大腸・膀胱となっています。また、五臓に心包を加え「六臓六腑」ともいわれることがあります。この表現は現代医学の解剖学や生理学とは異なった認識をしており必ずしも一般的に言われている臓器と一致しません。中国の自然哲学的思想である五行説とも合わせて考えられており、図のような関係を表します。簡単に五臓各々の特徴や働きついて書きたいと思います。
    • 血(けつ)を蔵す(貯蔵する)
    • 筋を主る(筋肉の働きを調節する)
    • 目に開竅する(肝の状態は目に現れる)
    • 血脈を主る(血を全身におくる)
    • 神明を主る(精神の働きを統括する)
    • 舌に開竅する(心の状態は舌に現れる)
    • 運化を主る(消化・吸収)
    • 統血を主る(血が脈外に出ないようにする)
    • 脾は口に開竅する(脾の状態は口・唇に現れる)    
    • 呼吸を主る
    • 気を主る(全身の気の巡りをよくする)
    • 水液の代謝を調整する
    • 皮毛を主る(外邪の侵入を防ぐ)
    • 鼻に開竅する(肺の状態は鼻に現れる)
    •         
    • 水を主る(腎は脾・肺と協調し水液の代謝を行う)
    • 骨を主る(腎は髄をつくり、髄は骨・脳をつくる)
    • 腎は二陰に開竅する(排尿・排便の調節をする)
鍼灸治療は臓腑の不調和を見つけ出し、経絡経穴を刺激し五臓六腑の調和を図ります。

脈診について

東洋医学の診断おいてもっとも重要な一つである脈診。当院でももちろん脈の状態をチェックいたします。ではいったい脈診で何が分かるのか簡単に述べたいと思います。まず、脈を診る場所ですが、左右の手首にある橈骨動脈で状態を診ます。人差指、中指、薬指の3本を橈骨動脈にあてます。これら左右各々に六臓六腑が配当されており、脈の状態をみて六臓六腑の状態を把握することができます。また、脈の性状から体の状態を判断することができるのです。

リンク集

公益社団法人日本鍼灸師会  当治療院の所属する団体のホームページです。 
 公益社団法人東京都鍼灸師会  当治療院が所属する団体のホームページです。
 「骨格屋はない」北千住療術センター  足立区北千住の整体・カイロプラクティックなら姉妹店の「骨格屋はない」へどうぞ
 横浜カイロプラクティックセンター  プライマリテクニックMTJを提唱したカイロドクターの治療院です。
 鍼灸治療院.com|鍼灸マッサージ治療院の全国検索サイト
 治療院相談求人.COM
 日本全国! 治療院なび
 鍼灸あん摩ナビ
 整体・求人
 鍼灸

営業カレンダー

■色はお休みです。

携帯サイト

ウェル・バランス携帯サイトQRコード
※PCサイトURLと同じURLです!