よくあるご質問

Q. はり・きゅう治療はどのような症状に効きますか?
A.. 鍼灸院の看板を目にしますが、いったいどのような症状の時に利用するのか、または今の症状が鍼灸治療の対象となるか、という疑問にお答えします。

東洋医学の基本的な考え方で方である生命力・自然治癒力を最大限に発揮させようとする自然療法なのでどのような症状・疾病でも適応だと考えます。WHO世界保健機構では鍼灸治療に効果的な疾病をこのように挙げていますので詳しくはこちらをご覧ください→WHO鍼灸の有効疾患一覧

当治療院では特に肩の痛み(五十肩、スポーツ障害)・膝痛(変形性膝関節症に対しての症状緩和)・その他(自律神経失調症による様々な症状の改善)に力を入れています。身体の不調で医療機関にかかったが原因が特定できない、または症状があっても特に異常はないといわれたなど、そのような方は東洋医学的なアプローチが有効だと考え、鍼灸治療を中心に身体の全体のバランスを整えることを実践しています。
Q. はり・きゅう治療は痛いですか?
A.. この質問はとても多くいただきます。私はこの質問の時には採血の注射針とはり治療の鍼を比較することで説明をしています。一般的に健康診断等で採血時に使用する注射針は22ゲージ(直径0.7o)と言われています。当治療院で一番多く使用している鍼は一番鍼(直径0.16o)と直径の比較で4分の1程度、面積では20分の1程度の細さになります。ごく稀に皮膚にある痛覚受容器に当たってしまった場合は無痛というわけにはいきません。多少のチクッとした感覚はあります。しかしその後はほとんど痛い感覚はありません。
Q. 鍼灸師とはどのような資格ですか?
A.. 鍼灸師とは正確には「鍼師」・「灸師」と二つの資格に分かれていて両方で「鍼灸師」となります。国家資格になっており、資格を取得するには厚生労働省が認定する専門教育機関で3年間修業し国家資格に合格しなければなりません。どのような科目を勉強するかというと
・医療概論
・衛生学・公衆衛生学
・関係法規
・解剖学
・生理学
・病理学概論
・臨床医学総論
・臨床医学各論
・リハビリテーション医学
・東洋医学概論
・経絡経穴概論
・はり・きゅう理論
・東洋医学臨床論
と基礎の現代医学と東洋医学を学びます。当然、当治療院のスタッフは国家資格を有しておりますので安心してご来院ください。余談ですが、日本国内で鍼灸治療を行うことができるのは、医師、歯科医師と鍼灸師だけです。
Q. 必ずはり・きゅう治療が行いますか?
A.. 当治療院ははり・きゅう治療院となっておりますが、按摩マッサージ指圧・整体・カイロプラクティック・オステオパシー・ストレッチ・各種運動療法・低周波療法・温熱療法など様々な治療を行います。ここで申し上げたいことは、その方にベストの治療を提供しているということです。鍼だけの治療やマッサージだけの治療といった一つの療法だけということは稀です。また、はりに恐怖感がある方には別の方法で行いますし、電気治療は苦手という方にはしません。皆様にご納得頂ける治療を心がけています。
Q. 健康保険は使えますか?
A.. 基本的に鍼灸治療には健康保険は適応されません。しかし、医師の承諾書があれば一定の範囲で健康保険が適応されます。主治医がいらしゃる方などは事前にご相談いただき、関係書類はこちらで用意がございますのでご連絡ください。また、交通事故の後遺症で鍼灸治療をご希望される場合も保険会社によりますが、適応される場合もございます。合わせてご相談いただければお答えできると思います。
健康保険が適応される疾患
・神経痛(特に部位は問いません)
・リウマチ
・頚腕症候群(首から肩、腕にかけての凝り、シビレ、痛み)
・五十肩(肩の痛み、運動障害)
・頸椎捻挫後遺症(むちうちの後遺症)
Q. 整体・カイロプラクティックについて
A.. 当治療院では骨格の歪み、背骨と骨盤のバランスを整えることも体を健康へ導くには非常に重要だと考えています。特に運動器疾患の代表ともいえる腰痛、肩こり、首こりなどは鍼灸療法と合わせることでより効果的だと考えています。
Q. 禁忌症などがありましたら教えてください
A..  基本的には鍼灸・指圧・整体療法はすべての症状に適応だと考えています。しかし、病状やお体の状態によっては施術を控えた方が良い時期というのもありますのでこちらをご参考ください。
血友病・紫斑病・壊血病・免疫不全・重篤な心疾患・急性の伝染病・急性腹症・肺炎などの高熱・血圧が著しく高い状態などが挙げられるともいます。
また、外傷(骨折・脱臼・切り傷・擦り傷)などは医療機関の受診になります。
Q. 美容鍼および美容目的の施術について
A..  鍼灸治療で美容鍼が近年注目されつつありますが、私自身の個人的な見解としまして美容に関しましては、効果に非常に個人差があるものと認識しております。顔面鍼の効果は確立されつつあると思いますが、専門外となりますので、お受けしておりません。また、痩身・小顔・美肌等の施術に関しましても専門外となりますのでご質問にもお答えできませんので予めご了承ください。

営業カレンダー

■色はお休みです。

携帯サイト

ウェル・バランス携帯サイトQRコード
※PCサイトURLと同じURLです!